Null

21卒の就職活動挫折から生きてる人間。ネガティブをポジティブに消化するために書いてる。主に読書ノートの書評の書ききれなかった部分や日常で思い付いた事を中心に書いていています。

人生船漕ぎ日記 ー春から無職❺❻ー

(引き続き書き溜めたものを投稿した。)
 

2021/4/5 5日目

 
今日の朝は犬の散歩はせず、星野源の肌を聞きながら筋トレをした。
その後は、4/1以降から全く更新できていない、書き途中が溜まったものを書いた。
 
午後に先日出した司書の応募書類が通り、次が面接という連絡が来てとても嬉しかった。
だが、まだまだ気を抜けないなぁ...面接に向けて準備してしなければ...と思いつつ、散らかっている部屋を片付けていた。
 
そして今日は、4/5。この日は三浦春馬さんの誕生日だ。彼は去年自ら命を絶った。
私はこれをTwitterで知った。とてもとてもショックだった。元々Twitterが肌に合わなかったのもあるが、この事がショックすぎてアカウントを消した。
 
彼が亡くなった事がとてもショックだったのか、二日間ぐらい夢に出てきた。一緒に楽しく過ごした夢だった。
私は彼に幸せなって欲しかったのだなと心の底から強く思っていたのだろう。
 
私も、就活の上手くいかなささや、自身が嫌いすぎた事により、自ら命を断ちたいと何度も願い、執行しようとしたこともあった。その時はとても苦しく、死んで楽になりたい、苦しい現実から逃げて楽になりたい、自分という重しから逃げたいという気持ちでいっぱいだった。それと同時にそんな自分を掬いあげて欲しい、誰か自分を助けて欲しいという気持ちもいっぱいでとても苦しかった。
 
だから自ら命を絶とうとするまで凄く凄く悩むし、苦しむし、辛い。本当に苦しい。
三浦さんもそんな気持ちで亡くなっていったのではと思うととても辛いし、悲しい。
 
三浦さんの死をきっかけに死にたいと願ってやまなかった苦しいんでいた自分に向けて、三浦さんに向けて、死にたいと切実に思い悩んでいる人に向けて少しでも救われてほしいという思いから小説を書き始める事にしたのだ。
とはいうものの中々筆が進まず停滞しているため、とりあえずの7月完成の目標までに3カ月あるため、早速取り掛からねば....。
それと、司書応募の書類が通り、面接に漕ぎつけたため、嬉しかった半面、久しぶりの面接になるので緊張して眠気が吹っ飛んだ。
 
=======================================
おわり
 
 

2021/4/6 6日目

 
今朝は、母と犬の散歩に行き、色々な犬に会った。飼い犬がお気に入りの様々な犬に出会い、大名行列のようになってしまった(笑)。
散歩中に他の飼い主の人から地元にある農園で犬連れ化のカフェがあることを教えてもらった。コロナが落ち着いたら、幼馴染の子と互いの犬を連れていきたいなと思った。
 
また、一つ新たな事を始めた。最近出始めた「Gravity」という匿名で投稿できるSNSのアプリだ。まず、性別を選んだ後に、最初のいくつかの質問に答える性格診断から始まる。その結果によって自分と相性の良い投稿主と繋げてくれる機能があるらしい。Twitterとかと異なり、アイコンは男女で分かれているほか、自分で画像を選んだりは出来なく、いくつかの中でしかえ選ぶほかない。
というわけで、今日からGravityというSNSを初めてみることにした。
正直、つぶやき系のSNSと自分の相性はあまり良いものとは言えず、元々飽き性なのでどこまで自分が続くか見ものである(笑)。